#暮らしのこと
ジオラマ、カメラ、ときどき音楽
2022.05.07
赤い三角屋根の駅舎に昭和の香りが漂うまち並み。今はなき懐かしい都農駅周辺の風景は、写真ではなく立体模型のジオラマによって再現されました。
2021年に開業100周年を迎えた都農駅。駅舎の一角で資料展が開催され、そこに展示された鉄道の歴史を振り返る貴重な資料や緻密なジオラマは来場客を魅了しました。
今回はそれらのジオラマを趣味でつくり続けている方の物語。
ジオラマがつないでくれた出会い
都農駅に展示されていたジオラマを作成したのは都農町出身の石田和彦さん。
実家が都農駅のすぐそばだったこともあり、蒸気機関車はとても身近な存在で、駅などは絶好の遊び場でした。毎日のように大好きな蒸気機関車を見に行き、運転席に乗せてもらったこともあったといいます。高校時代は通学に利用し、鉄道の移り変わりも身近に体感してきました。

たくさんの思い出がつまった都農駅。老朽化で建て替えが決まったとき、この風景や思い出を形に残したいと思い、ジオラマの作成を開始したそう。
休日にコツコツと作成し、約3年の年月をかけてついに完成。
1960年代の都農駅周辺と南延岡機関区
石田さんがつくったジオラマを見ていると、昔懐かしい記憶がそっとよみがえってきそうです。新聞各社にも取り上げられ、県内外からたくさんの方が資料展に来場しました。目を輝かせながらジオラマを眺める子どもたち。よみがえる記憶を懐かしみながら話してくれる方々。資料展に置いていたノートにはたくさんのメッセージが書かれていました。

「反響がすごかったです。思っていたよりたくさんの方に見ていただいて、都農駅の資料展を通していろんな出会いや喜びがありました」。
石田さんは都農駅開業100周年に自身の鉄道人生をまとめた資料冊子を自主出版。鉄道の歴史から少年時代の思い出、資料展の来場者からのメッセージなど、想いのこもった一冊が完成しました。
冊子は都農町観光協会で販売されていて、売上はすべて寄付されるそう。
「今回の売上は動物愛護団体とユニセフに寄付させていただきます」。
これまでにもジオラマを通して30ヶ所以上の災害被災地に支援金を送ってきたというから驚きです。
ジオラマづくりのきっかけとなったのは小中学生時代に流行ったプラモデル。
その経験があったおかげか、ジオラマの技術はほとんど独学で学び作品をつくってきました。
ジオラマの材料は木や紙、発泡スチロール、プラスチックなどさまざま。
「アイディア次第でなんでも材料になります。100円ショップやホームセンターでは、本来の使い方よりジオラマにどう生かせるかという視点で買い物をしているほうが多いかもしれません(笑)」。

休日は一日中、ジオラマづくりをしていることもあるといいます。
「つくる作業も完成していく様子を見るのも楽しいです。完成したときの達成感は山登りと似ているかもしれません。でも、完成したらそこで終わりじゃなくて次の作品にいきたくなるんですよね」。
たくさんのワクワクで埋め尽くされた趣味の家
取材のためにお宅にお邪魔してびっくり。玄関を開けると、バーカウンターに絵画、写真、カメラ、オーディオ、ジオラマ…。昭和にタイムスリップしたような、コレクションが並びます。

「母が住んでいた実家をジオラマ置き場にしようと思ったんです。これまでコレクションしてきたものとか処分したいというレトロな物を引き取るうちにどんどん増えちゃって…、気づいたらこうなっていました」。
趣味で集めたものからいただきものまでワクワクがたくさんつまった趣味の家。
音楽も大好きで歌謡曲からクラシックまで幅広いジャンルのレコードやCDがありました。

1990年ごろからは、仲間とバンドを組んでいたこともあったそう。ボウイの曲を練習し、担当はベースギターでした。当時は毎年のようにロックバンド「ベンチャーズ」のライブに行き、生演奏の素晴らしさも体感していました。

大きなスクリーンで映画を見たり、ライブ映像を流しながらドラムをたたいたり、ジオラマをつくったりと充実の休日。

最近はしばらく休んでいた趣味のカメラを再開し、風景やネコを写しています。今まで撮ってきた作品を写真集にする計画もあるのだそうです。

「実は今年度、定年を迎えるんです。仕事は続けますが、今までより時間ができると思うので、本格的にジオラマづくりをしたいと思っています」。

今後、部屋いっぱいの大規模なジオラマ作品をつくりたいと考えている石田さん。他にも、「ジオラマの個展を開きたい」「コーヒーを飲みながら趣味の話ができる喫茶店を開きたい」など、夢は膨らむばかりです。

デジタル化がどんどん進んでいく現代において、手作りの心地よさや温かみを感じさせてくれるジオラマ作品。昔の景色に思いを馳せ、懐かしく心がほっこりする時間を味わうことができました。
休憩スペース
シアタールーム
TOP TOP