#子育て情報
馬との触れ合いから社会とつながる
2021.04.06
馬やヤギに犬、そんな動物たちがたくさんいる場所といえば何を思い浮かべるでしょうか。牧場? 動物園? そのようなイメージが一般的かもしれませんが、飼育や観察調査の目的以外に「セラピー」として動物がいることも。近年アニマルセラピーという、動物との触れ合いのなかで心を癒す活動が注目されています。都農町にはその一種であるホースセラピーを児童福祉に活用している事業所「ポニーフレンドクラブ」があります。
放課後デイサービス × ホースセラピー
ポニーフレンドクラブでは放課後等デイサービスにホースセラピーを取り入れた福祉サービスを提供しています。利用対象は6歳から18歳までの障がいや特性を持つ子どもたち。施設職員の指導のもと、乗馬や馬の手入れ、飼育管理を通じて子どもたちのストレス解消と社会生活能力の向上に取り組んでいます。平日は授業終了後の学校へ子どもたちを迎えに行き、集団でのホースセラピー活動を実施。土日は1組45分ごとの個別セラピーを行っています。

開所して4年。施設としてのユニークさと需要の高さから、遠くは宮崎市内から来られる方もいます。施設内では、乗馬体験中の子どもたちへ向けて「おお! できたね!」「よかったね!」など肯定的な言葉が飛び交っていました。「あまり福祉に偏りたくなかったんです。位置づけとして、子どもにとっても保護者にとっても一種の娯楽施設でありたいと思っています」。代表の黒木良治さんはそう話します。
競走馬の世界からホースセラピーへ
もともと黒木さんは競走馬の世界で仕事をしていました。都農町で生まれ育ち、高校卒業後は北海道の育成牧場へ就職します。転機となったのは、2010年に宮崎県で発生し大きな被害をもたらした口蹄疫。当時、黒木さんのお父様は牛の飼育をされていましたが、口蹄疫により全頭殺処分となってしまいます。都農へ帰ってきて新たに立て直そうとしましたが、お父様の心は折れ、牛と向き合う気持ちではなかったといいます。

そんなときに手にした乗馬の週刊誌。なんとなく眺めていると、沖縄県での乗馬クラブ立ち上げの募集記事を目にしました。「競走馬の世界に戻る選択肢もあったのですが、その募集を見るなりすぐ飛び込みました。そこは『子どもと馬』をテーマにセラピー活動をしていました。それまで経験した競走馬の世界とまったく異なるのですが、すごくおもしろかった。この活動を自分でもやりたいと思い、2年間沖縄で働いたあと宮崎へ帰ってきました」。
資金集めと勉強を目的に3年ほど競走馬の育成牧場で働き、その後ポニーフレンドクラブを立ち上げます。当初は「子どもと馬」というテーマで、ポニーを連れて保育園や福祉施設を訪問することを主に考えていました。「その矢先、熊本で僕がお世話になった先輩が『放課後等デイサービス』と『馬』をくっつけた今のスタイルの原型となるものをつくりあげたところだったんです。その話を聞いたときに自分のやりたいことと合致していると思いました」。また、重度障がい児の入所サービスのある宮崎病院で訪問活動をしたことがきっかけで現在のスタッフたちにも出会い、放課後等デイサービス施設としての活動がトントン拍子で進んでいくこととなります。
馬との触れ合いから子どもたちは自分で気づいていく
子どもたちだけではありませんが、障がいや特性を持つ人たちは一種の「語れなさ」を抱えています。自らの思いを伝えたいけれど伝えられない。そして、他人の語ることや気持ちを推し量ることが難しかったり。人が他者とともに生活していく以上、社会性を要求されてしまいますが、その点も馬や動物との触れ合いを通して自分なりの社会性を獲得していくといいます。
「馬があいだに入るだけで変わるんです。馬は物も言いませんし距離感が絶妙にいいんですよ。最初は人の言葉による指示が聞けなくても、馬との触れ合いから子どもたちは自分で気づいていくんです。乗馬をすることで心身の落ち着きが促されますし、たとえば、こんな乗り方をしていると危ないよってことを子どもたちは体験を通して学んでいきます。その積み重ねによって、この指示は聞かないとだめなんだなとか、学校生活でも自分で応用できるようになっていきます」。
「障がい」と一括りにいっても、その程度や抱えているものは一人ひとり異なります。ですがホースセラピーやアニマルセラピーは、その障がいや特性に合わせた適材適所の支援ができることに強みがあるとも話されていました。
取材中、「〇〇ちゃん!」と職員さんの名前を呼ぶ子どもたち。そして気さくに声をかける黒木さん。そのフラットな関係性を眺めていると、子どもたちの居心地の良さが伝わってくるようでした。「ああやって会話しているなかで子どもたちの日常の悩みや疑問を聞いて、ちょっとしたアドバイスもできたり。僕ら大人に心を開いてくれるのは嬉しいですよね」。
スマートフォンで読み込むとポニーフレンドクラブのInstagramへ飛べます
【ポニーフレンドクラブ】
〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町大字川北5268-37
TEL:0983-32-8252 FAX:0983-32-8253
電話受付時間 9:00〜17:00

・サービス提供時間
平日 学校終了時〜17:00まで
土曜日・日曜日(個別対応のみ)9:30〜18:00
※見学希望の方はお問合せください
TOP TOP